Kibela Blog

Kibela (https://kibe.la/) のアップデート情報を中心にお知らせします

Kibelaへの投稿をSlackに通知する方法を詳しく紹介します

Kibelaへの投稿をSlackに通知する方法を詳しく紹介します。

まず初めにどのチャンネルに通知したいのかを決めてください。 通知したいチャンネルがない場合は作成してからスタートです。

それではSlackの操作から始めます。

  1. ブラウザで「カスタムインテグレーション」のページを開きます。
  2. 「Incoming Webhook」をクリックします。
  3. 「設定を追加」をクリックします。
  4. 「チャンネルを選択」で通知したいチャンネルを選択します。
  5. 「Incoming Webhook インテグレーションの追加」をクリックします。 f:id:kmymmrmt:20190612121449p:plain
  6. 次の画面でWebhook URLとしてURLが表示されるのでコピーします。

ここからはKibela上での操作です。

  1. チーム設定の「Outgoint Webhooks」のページを開きます。
  2. 右上の「Wehookを追加」でSlackを選択します。 f:id:kmymmrmt:20190612122009p:plain
  3. 「Webhook一覧での表示名」に名前(例:Slack (すべての記事))を入力します。
  4. 「URL」に先ほどSlack上でコピーしたWebhook URLを貼り付けます。
  5. どの編集権限どのグループに投稿された記事どんなときに通知するかを選択します。
  6. 「テスト送信」をクリックして指定したSlackのチャンネルにWebhookのテストメッセージですという通知が来ることを確認します。
  7. 「追加する」をクリックして設定は完了です。

なお、「監査ログが記録されたとき」を選択できるのはオーナーもしくは管理者の権限があるユーザーのみで、それ以外のユーザーには項目自体が表示されません。

Webhookの設定は「Outgoing Webhooks」のページにていつでも変更可能です。

その他、ご質問やご要望がございましたら、お気軽に画面右下のチャット f:id:dex1t:20170315181802p:plain:w20 からご連絡ください!

Powered by はてなブログ